ドレスアップの最新トレンド”フロントガラスの交換”

      このエントリーをはてなブックマークに追加

フロントガラスの安全基準を満たした製品

ソーラーインパクトの実物を確認して頂くと分かりますが、SOLARIMPACTのロゴと一緒にJISマークが刻まれています。このJISマークは、日本工業規格のJISR3211に合格したことを意味しています。決められた試験に合格をしないと製品にJISマークを刻むことはできないのです。JISR3211は、自動車の窓の安全ガラスに適用される規格ですから、試験の内容も厳しいものであることが知られています。安全に運転することできることに加えて、万一事故が発生した場合でも被害が拡大しないことなどが明確に定められています。合格基準が明確に定められていて、少しでも合格基準に満たない項目があると、JISマークを使用することはできないのです。


安全なフロントガラス

ソーラーインパクトは、試験に合格をすることで安全基準を満たした製品であることが一般に証明されました。利用している方が、安全に運転を楽しめるようにとJIS規格に適合するように製品開発された結果です。そして、ソーラーインパクトはJISR3211に合格しているだけではなく、ヨーロッパのECER43やアメリカ合衆国運輸局のDOT593などの世界各国の製品認証も取得しています。自動車に求める安全性については各国で考え方が違いますが、複数の基準を満たしているのであればより安心してご利用頂けることと思います。世界的な安全基準を満たしているのがソーラーインパクトです。